腹筋が便秘改善のポイント

運動不足も便秘になる原因です。特に腹筋が弱い人は、

胃腸の働きも弱いという人が多いようです。

腹筋は便を押し出すのに大事な筋肉。

これが弱いと腹部への圧力もかかりにくく、腹部の血行や胃腸の働きにも

良い影響をもたらしません。

お腹の血行促進と胃腸の活性化で便秘を解消できるよう、

毎日少しずつでも腹筋運動を始めてみましょう。

また、腹筋や横隔膜を刺激する腹式呼吸も便秘改善には効果的。

毎日の呼吸を意識して、腹式呼吸で便秘改善&便秘予防を心がけましょう。

子供のための食育

1月 19, 2009 at 12:20 pm コメントをどうぞ

メタボリックシンドローム

お腹ぽっこりの人は、メタボリックシンドロームの予備軍です。

もしかするとすでにメタボリックシンドロームかもしれません。

お腹ぽっこりは、内臓脂肪の蓄積が原因です。

内臓脂肪は様々な病気を引き起こす原因です。

 

お腹ぽっこりは、食べすぎと運動不足から内臓脂肪がつくようになり、

悪化すると恐れられているメタボリックシンドロームになります。

高血圧や糖尿病、動脈硬化など気をつけないと、

お腹ぽっこりの方は、重病につながりやすい体質です。

 

まずはカロリーを調整し運動を心がけましょう。

急なジョギングなどはかえって健康を害することもありますので

軽いウォーキングから始めると良いでしょう。

歩くことで代謝が上がり、脂肪燃焼をしやすい体になっていきます。

 

お腹ぽっこり、メタボリックシンドロームは生活習慣を見直すことで

改善できますし予防できるものです。

規則正しい生活を心がけお腹ぽっこりを改善しましょう。

 

インビザライン

12月 9, 2007 at 7:33 am コメントをどうぞ

ぽっこり腹と食事のとり方

お腹ぽっこりで悩んでいる人は食生活を見直す必要があります。

食事はすべての基本です。食事をするときを振り返ってみて下さい。

お腹ぽっこりの原因になる、早食いやドカ食いをしていませんか?

また、偏った食生活もお腹ぽっこりの要因のひとつです。

メタボリックシンドロームになりやすい体質になってしまいます。

 

まず、お腹ぽっこりを改善するために早食いは止めましょう。

早食いは、ついつい食べ過ぎてしまいますから肥満にもつながります。

満腹中枢は、食事をしてから50分程度時間が経過しないと、

満腹だと感じないものです。

ですから早食いの人は満腹中枢がサインを出す前に、

必要以上に食べてしまうのです。

これではお腹ぽっこりがへこむはずがありません。

食事はゆっくりと、十分に咀嚼をして楽しみながら食べるように心がけましょう。

 

バストアップ
蜂の巣駆除

12月 1, 2007 at 1:41 pm コメントをどうぞ

お腹ぽっこり・改善レシピ

お腹ぽっこりをきれいなボディラインにするにはどうすればよいのでしょうか?

便秘や老廃物を排泄することがお腹ぽっこりの解消に役立ちます。

ここでは、肥満を解消するタンパク質を作る働きがあるワカメを使って

簡単にできるレシピをご紹介します。

 

* ワカメと野菜の炒め物 *

スーパーで売っている刺身ワカメを使います。

タケノコ、ピーマン、たまねぎなど繊維質の多い野菜を使います。

まず野菜をバターで炒めます。そこにキムチを少し入れさらに炒めます。

最後に刺身ワカメを入れてさっと炒めます。

炒めることでワカメをたくさん食べられるようになります。

またキムチの乳酸菌がお腹の働きをよくして

お腹ぽっこりの解消に役立ちます。

食物繊維をたっぷり摂ってお腹ぽっこりを改善しましょう。

 

退職準備

12月 1, 2007 at 1:35 pm コメントをどうぞ

産後のお腹ぽっこり

お腹ぽっこりの原因のひとつに、産後太りがあげられます。

産後はどうしても下腹部がゆるみ脂肪がつきやすくなっています。

お腹ぽっこりをもとの美しいボディラインに戻せるよう体操をしましょう。

大腰筋の筋力低下が、お腹ぽっこりを作るのです。

大腰筋とは、背骨と大腿骨をつなぐ筋肉のことです。

大腰筋の役割は、体にとってとても大切です。

背骨を自然な正しい姿勢にし、骨盤の位置を正常に保ってくれるのです。

この大切な大腰筋の筋力が低下すると、お腹ぽっこりになるのです。

では大腰筋を鍛える体操です。

1) 片足を45度に上げて、前へ踏み出し、着地します。
2) 次に90度に上げて、さらに大きく前へ踏み出し、着地します。
3) この時、両手は、腰にかけて固定します。

これを左右繰り返して行うことで、筋力がアップし

お腹ぽっこりが少しづつ解消されていきます。

http://kotubande.seesaa.net/
ワキガ

11月 18, 2007 at 12:17 pm コメントをどうぞ

お腹ぽっこりに簡単イス・トレーニング

お腹ぽっこり解消に自宅で簡単、イスだけあればできる

 

トレーニングをご紹介します。

1) イスに両足をそろえ、浅めに座ります。
2) 膝の間に雑誌、本などを挟みます。
3) 両足を持ち上げて5秒静止します。

腹筋に意識を集中して下さい。

お腹ぽっこりがへこんでいくことを想像しながら行いましょう。

足をあげているときは、息を止めないでゆっくりと呼吸してください。

両足をあげて静止できる時間が長くなってきたら、

そのまま上下に動かしたり、左右に動かしたりしてみましょう。

 

ポイントは膝の間に雑誌などを挟むことで腹筋が鍛えられるところです。

背中は丸くならないように姿勢をよくすることに注意して行いましょう。

毎日持続することで、お腹ぽっこりがへこんでいきます。

 

http://ntss.seesaa.net/

11月 18, 2007 at 12:11 pm コメントをどうぞ

お腹ぽっこりと骨盤の歪み

お腹ぽっこりは、骨盤の歪みからくることがあります。

骨盤の歪みは周辺の筋力を低下させ、代謝が悪くなります。

その結果、脂肪が燃焼されにくくなり、お腹ぽっこりに

なるというわけです。

もともと人間の筋肉は左右対称ですが骨盤の歪みによって

左右対称でなくなってしまうのです。

骨盤の歪みは、脚を組んだり、姿勢の悪さから歪みが生じてきます。

お腹ぽっこりを治すためには骨盤の歪みを矯正する必要があります。

骨盤の歪みを矯正する体操をご紹介します。

 

1) 膝と手をつき、うつぶせになります。
2) 足のつま先は上を向かせておきます。
3) 腰をゆっくり持ち上げます。
4) 両手で床を押すように伸ばします。
5) 床にかかとをつけて、ゆっくり3回鼻で吸って口ではく腹式呼吸をします。

この体操を持続することで、骨盤の歪みが矯正され

お腹ぽっこりが解消します。

http://trmi.fuari7.net/ http://kou.fuari7.net/  

11月 10, 2007 at 2:40 pm コメントをどうぞ

過去の投稿


カテゴリー

  • Blogroll

  • Feeds